PEOPLE

社員を知る

名嘉山 侑花

チーム最年少でも活躍できる職場!
異業種からの転職、でも半年後には編集長に。

(株)クドケン
メディア事業部 編集長

名嘉山 侑花Yuuka Nakayama

2016入社

CAREER
経歴

2013.4

大好きなチアを極めるために、体育大学で週7の部活に励む!

2015.12

怪我と共に失望し、チアも大学も何もかも捨てる

2015.4

大好きな子供たちに囲まれたい!と体育会系の私が塾の先生として働く

2016.6

結婚・子育てを夢に見すぎて、昇進を目前にまさかの退職。

2016.7

業界未経験だったが可能性を見込んでまさかのポテンシャル採用(˙▿˙)

2016.8

クドケンに入社。仕事と趣味が美容を通して重なった瞬間を感じる

2016.11

ここでは多くを語れないが、とても素敵な人との恋に落ちる

2017.1

メディア事業部の編集長になる!

仕事内容

大人女性向けの美容サイトを運営することが私の仕事です。

もう少し詳しく説明すると、サイトの記事を執筆することはもちろん、ライターさんが書いた記事を添削したり、より高品質の記事になるように既存の記事を修正したりもしています。

サイト内で紹介を検討している化粧品を実際に購入してチームメンバーと試して、率直な意見交換したり、商品をどのように紹介したら本当の価値を伝えられるか悩んだり。

私たちが運営しているサイトは、たった1記事のために膨大な時間をかけて執筆し、読者が求める知識を正しく伝えるために何度も書き直し、5年経っても10年経っても薄れることのない、本当に価値ある情報を読者に届けることをめざしています。

私の仕事であるサイト運営の大きなミッションは、「悩みをもつすべての大人女性をキレイにすること」。

サイトを通じて何千・何万といる女性の悩みを解決してキレイに導くという、達成感を感じるとても素敵な仕事です。

入社したきっかけ

前職では塾講師をしていたため、帰宅が0時を回ることがよくありました。
そんな中でも大好きな生徒に囲まれて仕事ができれば満足…
と思っていたのですが、このまま仕事を続けたとしても
結婚や子育てなどと両立していくことは難しいと感じて転職を決意しました。

転職をするときに会社を選んだ条件は、
パソコンを使う仕事であること、
プライベートな時間を確保できる環境があること、
自分が興味のあるジャンルに関係していること。

私の中では、プライベートな時間を大切にしたいなら
仕事内容やお給料は妥協するしかないのかな…とか考えながら
転職活動をしていました。

そんなわたしの気持ちを、別の意味で吹き飛ばしてくれたのがクドケンです。

「採用とお見合いは同じ、マッチングをしたい。」
まじめな顔で話す採用の方に、
少しキュンとしたことは今でも覚えています。笑

クドケンに入ればプライベートな楽しい時間と同じくらいに、
仕事も最高に楽しめる!
面接のときに、本気でそう実感しました。

異業種・異業界からの転身でしたが、
私の可能性やポテンシャルを信じて採用してくださって本当に感謝しています。

超プロフェッショナルエピソード

私の超プロフェッショナルエピソードは、入社半年で事業の編集長を任せていただいていることです。

入社した当時のわたしは、
コンテンツサイトを運営する知識なんてもちろん、
パワーポイントで資料を作る技術、ブラインドタッチの能力など、
何のスキルも持っていませんでした。

「コンテンツってどういう意味ですか?」と上司に素直に聞けるくらい、
私は空っぽ状態でした。

そんな私でも入社した1週間後には記事を執筆し、
2週間後にはサイト運営についてみっちりと直接指導を受け、
3週間後には外注ライターさんの記事を添削、
1ヶ月後にはどう改善すればサイトの品質が高まるか、
ということまで自分で考えて仕事ができるようになっていたんです。

まさに超速で成長していることを、自分自身で実感しました。

「なぜ超速で成長できたか?」
どう考えてみても、私が頑張ったから成長しました!なんて言えません。

私がこうして成長を実感できるのは、
会社が常に成長できる環境を整えてくれているからです。

未経験の私でも超プロフェッショナルに成長できるように、
業界でも有名なコンサルタントからコンテンツサイトの運営について
直接指導を受け、毎週記事の評価をもらい、
分からないことは何でも聞いて解決できる環境が用意されていました。

美容知識もない私でしたが、
積極的にセミナーやイベントに参加する機会をもらっていくことで
トレンドの情報や基礎的な知識をぐんぐん身につけることができたんです。

わたしが一人でデスクで仕事をしていたら、
いつまで経っても手に入らない情報を、
会社が環境を整えてくれるおかげで得ることができました。

超プロフェッショナルというにはまだまだ成長段階の私ですが、
会社が提供する最高の環境で、
最高のモチベーションを保って仕事に取り組んでいきます。

とある1日のスケジュール

とある1日のスケジュール

PRIVATE
とある日のプライベートショット

プライベートショット

沖縄のビーチにて

MESSAGE学生のみなさんへ

メッセージ

MESSAGE学生のみなさんへ

いま、みなさんが本当に大切にしたい人やもの、ことってなんでしょうか。

WCHは、社員一人ひとりが大切にしたい人、ものやことだったら、
自分のことかのように大切に考えてくれる、そんな素敵な企業です。

わたしは、20代で結婚して子どもがほしい、
育児と仕事が両立できるように時短勤務がしたい、
休日は仕事のことなんて考えずに友達や恋人・家族との時間を大切にしたい、
そんなことを考えながらWCHで働いています。

こんなことって普通だったら上司には気を遣って言えませんが、
私たちは当たり前のようにそんな将来を見据えて
人生について本音で語り合っています。

今は全力で働いてスキルを身につけたい20代半ばの私に、
成長できる環境を与えてくれるだけでなく、
将来の働き方のサポートまで考えてくれる職場なんて、
なかなかないですよね。。

だからこそ私は安心して目の前の仕事に一直線で取り組むことができています。

年齢も経験も立場も関係ありません。
いっしょに人生を高めていける仲間に出会えることを楽しみにしています!

他の社員について知る!!